切らない眼瞼下垂 大阪

 切らない眼瞼下垂 大阪の名医3選

恵聖会クリニック

医師名宮里 裕 院長

安全で質の高い効果的な医療を提供できるよう尽力したいと思いますので、多くの患者様のご来院を心からお待ち申し上げます。

体験者の口コミ・評判

R・Kさん 33歳

ネットでいろいろ調べて良さ気だったので、カウンセリングを受けて恵聖会さんに決めました。
先生も説得力がある信頼できる方ですし、私はここでやってもらってよかったと思っています。

料金
眼瞼下垂 健康保険適用料金
切らない眼瞼下垂 280,000円
クリニック概要
アクセス
心斎橋院
大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋ビル8F(心斎橋駅徒歩3分)
京橋院
大阪市都島区東野田町2-3-19 MFK京橋駅前ビル5F(京橋駅1分)
ホームページ http://www.keisei-cs.com/

聖心美容クリニック

医師名寺町 英明 院長

美容外科医として、患者様の悩みを受け入れ、外見だけでなく内面の美しさを引き出せる様にお手伝いをしたいと思います。

体験者の口コミ・評判

E・Wさん 61歳

視界が見えにくくて困っていたら娘がこちらを見つけてきてくれて、早速手術をしてもらいました。
お値段はこんなものかなといった感じですが、手術の痕も綺麗ですしお願いしてよかったです。

料金
眼瞼下垂(埋没法)
200,000円
クリニック概要
アクセス 梅田
大阪市北区梅田3-3-45マルイト西梅田ビル2F
ホームページ https://www.biyougeka.com/

リッツ美容外科

医師名志賀 由章 院長

目指すのは患者様とより近づく医療”心のケア”です。

体験者の口コミ・評判

S・Bさん 37歳

色々なところで無料カウンセリングを受けて最終的にこちらに決めました。手術の腕は確かかと思います。

料金
眼瞼下垂 420,000円~
クリニック概要
アクセス 中津
大阪府大阪市北区中津1-2-21 中津明大ビル 2F
ホームページ http://www.ritz-cs.com/

眼瞼下垂症の切らない手術について

眼瞼下垂症の切らない手術について

眼瞼下垂症はまぶたが目に垂れ下がっていき、自力ではっきりと持ち上げることができない症状のもので、場合によってはいつも眠たそうな表情に見えたり、目つきが悪く見えてしまいます。 通常ならまぶたがたるんでいる部分を切開して治療しますが、眼瞼下垂症の切らない手術は埋没法を採用したもので二重の幅を調整することや元の状態に戻せることがメリットです。

通常の眼瞼下垂症の治療は切開法を採用していて、傷跡はないもののまぶたの開きを良くすることが目的の手術です。 そのため目はぱっちりして大きくなり二重にもできますが、元の状態にもどしたり後々調整することは難しい手術です。 ダウンタイムも多少あり数日間はメイクができない治療法です。

眼瞼下垂症の切らない手術は、挙筋を糸で結ぶのでダウンタイムがほとんどないし、切開しないので腫れるようなこともありません。 施術のあとはメイクもできるし、仕事がある方は週末に手術を受ければ月曜日には通常通り出勤できる状態になります。 切らないので腫れや内出血などを起こさないため、早く日常生活に戻れることが最大の魅力だといえます。

眼瞼下垂症の切らない手術はやり直せる

眼瞼下垂症の切らない手術は先にも紹介したように切開しないで埋没法を採用しているので、気に入らない時はやり直しができる手術です。 まぶたのたるんでいる部分のうち挙筋を糸で結ぶことによってまぶたを引き上げるので、切開するときに比べて患部の負担がかなり軽くなります。

見た目にも好みの二重にできるし、二重の幅も調節できるので、希望した仕上がりの違いによっては、まるで大幅な整形手術をしたような印象を周囲に与えることもあります。 もしも手術後に気に入らない部分や、仕上がりのイメージと違う、予定していた内容と違うと判断した場合は、元の状態に戻せるので、失敗したらどうしようかという不安も軽くなる手術です。

昔の偉人が京の都から淀川を船で下っている時に今の大阪市内を見て魅力ある所と感じたらしいです。
その後豊臣秀吉が天下統一して大阪城を築城し堺につぐ商業都市として発展してきました。
その後江戸幕府により日本の中心は東京都に変わりました。

戦前は大きな兵器工場が大阪にありましたのでその周辺はアメリカの集中攻撃で焼け野原になりましたが、戦後も大阪市は商業都市として発展してきました。
東京は東京オリンピックで世界中から多くの方がこられ、大阪東京間を新幹線が開通したことから大阪からも多くの方が東京に移動することになってしまいました。
その後大阪で万国博覧会が開催することになり大阪市内の交通網が整備され、日本の経済も高度成長期をむかえることになりました。

最初は繊維業界が日本経済を成長させましたが、その後は電器業界が日本経済を成長させ、大阪がその中心となりましたので魅力ある大阪市となりました。
バブルがはじけて日本経済も低成長なり電器業界も製品の低価格化により撤退する企業が増加して、製造業全般で世界の競争についていかれなくなりました。
その事により大阪市の経済も低迷して大阪市の魅力も薄れてしまいました。

最近は世界の国々から日本に多くの観光目的でこられるようになりました。
商業都市の大阪市には、近くに関西国際空港がありますので、購買目的と近畿圏では大阪市内が多くの魅力ある宿泊設備がありますので多くの方が大阪市にこられています。
ユニバーサルスタジオジャパンと大阪城を中心として魅力ある観光都市となりました。

大阪の切らない眼瞼下垂クリニック一覧

© 2017 切らない眼瞼下垂 大阪の名医3選