切らない眼瞼下垂 大阪

 切らない眼瞼下垂 大阪の名医3選

恵聖会クリニック

医師名宮里 裕 院長

安全で質の高い効果的な医療を提供できるよう尽力したいと思いますので、多くの患者様のご来院を心からお待ち申し上げます。

体験者の口コミ・評判

R・Kさん 33歳

ネットでいろいろ調べて良さ気だったので、カウンセリングを受けて恵聖会さんに決めました。
先生も説得力がある信頼できる方ですし、私はここでやってもらってよかったと思っています。

料金
眼瞼下垂 健康保険適用料金
切らない眼瞼下垂 280,000円
クリニック概要
アクセス
心斎橋院
大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋ビル8F(心斎橋駅徒歩3分)
京橋院
大阪市都島区東野田町2-3-19 MFK京橋駅前ビル5F(京橋駅1分)
ホームページ http://www.keisei-cs.com/

聖心美容クリニック

医師名寺町 英明 院長

美容外科医として、患者様の悩みを受け入れ、外見だけでなく内面の美しさを引き出せる様にお手伝いをしたいと思います。

体験者の口コミ・評判

E・Wさん 61歳

視界が見えにくくて困っていたら娘がこちらを見つけてきてくれて、早速手術をしてもらいました。
お値段はこんなものかなといった感じですが、手術の痕も綺麗ですしお願いしてよかったです。

料金
眼瞼下垂(埋没法)
200,000円
クリニック概要
アクセス 梅田
大阪市北区梅田3-3-45マルイト西梅田ビル2F
ホームページ https://www.biyougeka.com/

リッツ美容外科

医師名志賀 由章 院長

目指すのは患者様とより近づく医療”心のケア”です。

体験者の口コミ・評判

S・Bさん 37歳

色々なところで無料カウンセリングを受けて最終的にこちらに決めました。手術の腕は確かかと思います。

料金
眼瞼下垂 420,000円~
クリニック概要
アクセス 中津
大阪府大阪市北区中津1-2-21 中津明大ビル 2F
ホームページ http://www.ritz-cs.com/

眼瞼下垂症の切らない手術について

眼瞼下垂症の切らない手術について

眼瞼下垂症はまぶたが目に垂れ下がっていき、自力ではっきりと持ち上げることができない症状のもので、場合によってはいつも眠たそうな表情に見えたり、目つきが悪く見えてしまいます。 通常ならまぶたがたるんでいる部分を切開して治療しますが、眼瞼下垂症の切らない手術は埋没法を採用したもので二重の幅を調整することや元の状態に戻せることがメリットです。

通常の眼瞼下垂症の治療は切開法を採用していて、傷跡はないもののまぶたの開きを良くすることが目的の手術です。 そのため目はぱっちりして大きくなり二重にもできますが、元の状態にもどしたり後々調整することは難しい手術です。 ダウンタイムも多少あり数日間はメイクができない治療法です。

眼瞼下垂症の切らない手術は、挙筋を糸で結ぶのでダウンタイムがほとんどないし、切開しないので腫れるようなこともありません。 施術のあとはメイクもできるし、仕事がある方は週末に手術を受ければ月曜日には通常通り出勤できる状態になります。 切らないので腫れや内出血などを起こさないため、早く日常生活に戻れることが最大の魅力だといえます。

眼瞼下垂症の切らない手術はやり直せる

眼瞼下垂症の切らない手術は先にも紹介したように切開しないで埋没法を採用しているので、気に入らない時はやり直しができる手術です。 まぶたのたるんでいる部分のうち挙筋を糸で結ぶことによってまぶたを引き上げるので、切開するときに比べて患部の負担がかなり軽くなります。

見た目にも好みの二重にできるし、二重の幅も調節できるので、希望した仕上がりの違いによっては、まるで大幅な整形手術をしたような印象を周囲に与えることもあります。 もしも手術後に気に入らない部分や、仕上がりのイメージと違う、予定していた内容と違うと判断した場合は、元の状態に戻せるので、失敗したらどうしようかという不安も軽くなる手術です。

昔の偉人が京の都から淀川を船で下っている時に今の大阪市内を見て魅力ある所と感じたらしいです。
その後豊臣秀吉が天下統一して大阪城を築城し堺につぐ商業都市として発展してきました。
その後江戸幕府により日本の中心は東京都に変わりました。

戦前は大きな兵器工場が大阪にありましたのでその周辺はアメリカの集中攻撃で焼け野原になりましたが、戦後も大阪市は商業都市として発展してきました。
東京は東京オリンピックで世界中から多くの方がこられ、大阪東京間を新幹線が開通したことから大阪からも多くの方が東京に移動することになってしまいました。
その後大阪で万国博覧会が開催することになり大阪市内の交通網が整備され、日本の経済も高度成長期をむかえることになりました。

最初は繊維業界が日本経済を成長させましたが、その後は電器業界が日本経済を成長させ、大阪がその中心となりましたので魅力ある大阪市となりました。
バブルがはじけて日本経済も低成長なり電器業界も製品の低価格化により撤退する企業が増加して、製造業全般で世界の競争についていかれなくなりました。
その事により大阪市の経済も低迷して大阪市の魅力も薄れてしまいました。

最近は世界の国々から日本に多くの観光目的でこられるようになりました。
商業都市の大阪市には、近くに関西国際空港がありますので、購買目的と近畿圏では大阪市内が多くの魅力ある宿泊設備がありますので多くの方が大阪市にこられています。
ユニバーサルスタジオジャパンと大阪城を中心として魅力ある観光都市となりました。

眼瞼下垂の手術は二重瞼にするくらい簡単です。

私は白内障と緑内障で眼科医に通っていました。 また普段はコンタクトを装てんいました。 あるときコンタクトレンズが外しにくなりました。 眼科の先生に相談すると、一つは加齢だと。 また眼瞼下垂になっていると。 眼瞼下垂とは瞼がたるんでくる現象なのだと。 それで目が見にくくなってくるのだと。 私はそのような気はありませんでしたが、近頃コンタクトが外れにくくなったのは、そのせいかと思いました。 先生は手術は簡単で日帰りのところもあるくらいだと。 費用もそう高くはないとか。 しかし目の周りを触られるのは気が進みませんでした。 それで結構逃げ回っていました。

しかしあるとき決心して先生に病院を紹介されました。 紹介状をもってその病院に行きました。 先生は瞼を触って、やはり眼瞼下垂だと。 それで手術の日を決めてくれました。 2か月後でした。その時に奥さんに来てもらってくださいと。

やがてその日になってカミさんと行きました。 診察して病室に通されました。 そこは6人部屋でした。満室でした。 私には昼食が出ました。 後は手術の時間まで寝ていろと。 カミさんはその間に1階に食堂があるので、食事をしてくださいと。 やがてカミさんが帰ってきました。 カミさんはドトールもあって、そこでパンでとコーヒーで済ませてきたと。 食堂はもう一つあったよと。

その後に私が呼ばれて、車いすで手術室に連れて行かされました。 手術室には先生が2人いました。男の先生といつもの女医の先生でした。 手術の説明をしてくれました。 手術は比較的に簡単で、約1時間くらいだと。部分麻酔をしますので痛くはないと。 ただ術後はボクサーで殴られたように腫れてくるので、それを冷やすのだと。 私はただ横になっているだけです。

看護婦さんがカミさんに、1時間くらいかかるので、下でお茶でも飲んできてくださいと言っていました。 先生たちの話声が聞こえました。 ここはもう少し切るかとか。 時々起きて、先生が瞼を触って様子を見ていました。 それでも終わったときには、1時間は過ぎていましたね。 まあ簡単な手術だったのでしょう。上手くいきましと。 その後また看護婦さんが車いすで病室に連れて行ってくれました。

後はアイスノンみたいな冷やすもので瞼の周りを冷やすだけです。 隣のおじさんが冷やすのが温まったら、ナースコールを押して、取り変えてもらうのだと教えてくれました。 カミさんも5時ごろまで付き合っていましたが、それを過ぎて帰っていきました。また明日来ると。 私はただやることもないので寝ているだけです。退屈でした。 夜になって夕食が出ました。早い夕食です。 あまりおいしいとは言えませんでしたね。

翌日11時ころカミさんがやってきました。 どうなのと。私はあまり変わり映えはないと。 カミさんがやはり瞼が腫れていると。 これは仕方がないことだろうと思いました。 その夜も退屈でした。 夜中に打ち合わせ室みたいなところに行きました。 すると表が見えるのです。 お茶も自動で準備されていました。 患者さんが出し方を教えてくれました。 そこで雑談ですね。私は眼瞼下垂の手術で明日退院ですと。 短くていいですねと。 しかしやることもなく、退屈でした。 6人部屋なのですが、TVはあるのですが誰もつけていません。 私もつけるわけにもいきません。 そのうちに寝てしまいました。

翌日はお昼に退院の運びになりました。 費用は5万円位でした。 これは後程の生命保険の給付金でほとんど補てんされました。 まあ自腹で出したのはタクシー代金くらいでした。 後は自宅に帰ってもアイスノンで冷やし続けました。

その後何回かその病院で経過観察を受けました。 それから後はまた元の眼科医に戻されました。

大阪の切らない眼瞼下垂クリニック一覧

© 2017 切らない眼瞼下垂 大阪の名医3選